狭心症に効果的なインデラル・ジェネリック医薬品はあるのか?

薬とブリスターの束

狭心症になりやすい人

狭心症になりやすいタイプの人はいます。自分では生活習慣を正しくしているつもりだという人も、狭心症にかかりやすいタイプの人間である可能性もあります。まずはどんな人がなりやすいのか知っておきましょう。

様々な錠剤

ジェネリック医薬品がある

医薬品には「先発医薬品」と「後発医薬品」があります。「後発医薬品」とはいわゆる「ジェネリック医薬品」のことです。狭心症に効果のあるインデラルにはジェネリック医薬品があるのでしょうか?

机に広がる薬

狭心症の改善薬

心臓の病気の中でもかなり多い病気が「狭心症」です。
心臓の病気と聞くと「心筋梗塞」などを思い浮かべる人も多いと思います。心筋梗塞は死に至る可能性が高い病気なので知名度がすごく高いのでしょう。
しかしながら、頻度が高い心臓の病気といえばやはり狭心症なのです。

狭心症は運動時など、心臓に負荷がかかっている状態で起こる「労作時狭心症」と安静時に起こる「安静時狭心症」というものがあります。
「労作時狭心症」の場合は、走ったり重いものを持ったりして心臓に負荷がかかっている時に起こりやすいとされています。
また会社や学校でプレゼンをするとなった時、極度の緊張から急激に精神的に興奮してしまうと心臓に負荷がかかります。この時にも労作時狭心症が起こり、胸が痛みだすことがあります。
対して「安静時狭心症」の場合は、寝ている時やリラックスしている時に急に発作が起こります。朝起きて朝食を食べながらゆっくりテレビを見ている時なんかにも発作が起こることがあるのです。

このようにいつ何時起こってもおかしくない狭心症。この狭心症の症状を改善する薬にインデラルという薬があります。
狭心症の症状を改善する薬はいくつか種類がありますが、インデラルはβ遮断薬というものに分類されます。β遮断薬には他にもテノーミンやアーチストといったものがありますが、その中でも代表的なのがインデラルなのです。
インデラルは狭心症と診断されれば必要に応じて処方してもらえます。狭心症の疑いがあるならばまずは循環器内科で検査を受けてみましょう。

当サイトでは、狭心症の症状を改善するインデラルや、インデラルのジェネリック医薬品について、また、ジェネリック医薬品を購入する場合どうすればいいのかといったことについて解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

老人の手の上の薬

個人輸入でラクラク購入

日本にはジェネリック医薬品がそれほど普及していません。そのため、ジェネリック医薬品を購入したいのに日本では販売されていないこともあります。そんな時は個人輸入代行業者を利用して、海外から輸入しましょう。

医師による処方

オススメ記事

「狭心症に効果的なインデラル・ジェネリック医薬品はあるのか?」のオススメ記事です。